金福稲荷神社

南千住の街に、縁起の良い名前の神社があったので参詣してきました。
DSCF7780_2017092417551235c.jpg
金福稲荷神社です。
金と福がついているなんて、ものすごく縁起がいいですよね。

こちらが手水鉢のようです。
DSCF7781_201709241755133f3.jpg
こちらで参拝します。
DSCF7782_20170924175515e59.jpg
残神社は金子福寿稲荷(きんすふくじゅいなり)として創建され、現在は金福稲荷神社となっているようです。
DSCF7783_20170924175516ba7.jpg
小さくブロック塀で囲われている神社ですが、鎌倉時代の貞和五年(1349)に創建された由緒ある神社で、私が参拝中にも近隣の方々がお参りに来ており、大事にされている神社のようでした。
スポンサーサイト

豊国山 延命寺

江戸の三大刑場のひとつ小塚原刑場。
その跡地には、昭和57年に豊国山 延命寺が開山されました。
DSCF7763.jpg
ここには刑死者の菩提を弔うために造立された“首切地蔵”が安置されています。
DSCF7765_20170924174031a16.jpg
東日本大震災の際には左手が落下する被害がありましたが、現在は修復されております。
DSCF7768_2017092417403382b.jpg
首切地蔵の手前には
DSCF7769_20170924174035b8d.jpg
沢山の石仏が並んでいます。
DSCF7770_20170924174036475.jpg
お地蔵様の横には小さなお稲荷さんも祀られておりました。
DSCF7766_2017092417403216d.jpg

小塚原回向院

プロレスの神様と呼ばれたカール・ゴッチ。
10年前、82歳で亡くなりましたが、今年の7月お墓が南千住の回向院に建立されました。
DSCF7738_2017092417011004f.jpg

南千住と言えば「あしたのジョー」で有名な泪橋や山谷の近くの街ってイメージがありましたが、再開発により大きなマンションなどもできかなり様子が変わった街です。
故尾崎豊さんも南千住に住んでいましたね。
尾崎豊さんが亡くなったときは、有線のリクエストチャンネルが尾崎豊さんの曲ばかりになったのを覚えています。
それ以来、有線で同じアーティストばかりかかると、何かあったのではないかと思うようになってしました。
現在であれば、某国の連中のごり押しなどもあるので、そんなことも思わないんでしょうが。
~閑話休題

新しいきれいな建物の門を入ると
DSCF7740.jpg
史跡エリアが一般の方の墓地と分けられています。
DSCF7751_201709241701196fe.jpg
その史跡エリアの入ってすぐ右手に神様カール・ゴッチのお墓はありました。
DSCF7744_201709241701131a1.jpg
「人は必ず歳をとる。しかし必ずしも老いる必要はない。歳は重ねるのだ。重ねればワインの様に深くなる。」と言う名言があるためか、たくさんのワインが備えられております。
墓誌にも「Never lie , never cheat , never quit. 技術と精神は常に一緒だ 決して嘘をつくな、決してごまかすな、決して放棄するな」の名言が刻まれております。
DSCF7745.jpg
プロレスファン、特に昭和のプロレスが好きであった方は、一度参拝に行かれてはいかがでしょうか。

また、この回向院は幕末の「安政の大獄」で処刑された吉田松陰のお墓もあります。
ただ、現在吉田松陰の墓所は世田谷区の松陰神社に祀られているため、現在は墓石のみが残されております。
DSCF7749_20170924170117a13.jpg
他にも江戸・明治の風俗史「悪役4人組」のお墓も。
DSCF7746.jpg
中には両国の諸宗山 回向院にも祀られている「鼠小僧次郎吉」のお墓もあります。
DSCF7752_20170924170120908.jpg
なお、こちらのお墓は鼠小僧次郎吉の義賊に恩義を受けた人々が建てたと言われいるそうです。

あと、ここの壁には「解体新書」の扉絵がついた記念碑があります。
DSCF7757_20170924170123e2f.jpg
と言うのも「解体新書」を作成するにあたり、前野良沢、杉田玄白らが小塚原刑場を訪れ、刑死者の解剖から「ターヘル・アナトミア」の人体解剖図を検証したそうです。
DSCF7755.jpg
江戸三大刑場の小塚原刑場で処刑された方が祀られている回向院ですが、刑場はすぐ近くの別の場所だったそうです。

末無弁財天

葛飾区に弁財天を祀るお社を見つけました。
DSCF7658.jpg
末無弁財天と言うらしいです。
DSCF7659_20170917184427bff.jpg
お社の前にはたくさんのお賽銭が置かれており、地域の人から信仰されている神様のようでした。
DSCF7661.jpg

子授け地蔵

今年も栗の季節がやってきました。
と言うことで、栗の名産地筑波に行ってきました。
家を早めに出て、時間に余裕があたのでこちらに立ち寄りました。
DSCF7557_201709161939390d6.jpg
筑波の子授け地蔵です。

ここは風返し峠から表筑波スカイラインに入ると看板があるので、以前から知ってはいたんですが来たことがありませんでした。
鳥居の脇にある、こちらの手洗石は文久のと書かれているので、何か謂れのある歴史のあるものなんですかね(o'ω'o)?
DSCF7558_20170916193941594.jpg
この子授け地蔵にはこのような伝説があるんですね。
DSCF7561_2017091619394278c.jpg
こちらの鳥居をぬけると
DSCF7562_20170916193943662.jpg
木札が収められるようになっております。
DSCF7563.jpg
お地蔵様が
DSCF7564_20170916193946381.jpg
あちらにもこちらにも
DSCF7565_20170916193948dc2.jpg
沢山鎮座されておりますので、
DSCF7566_20170916193949129.jpg
どのお地蔵様が伝説のお地蔵様なんですかね(o'ω'o)?

やっぱり看板にあったこちらのお地蔵様なんですかね。
DSCF7567_20170916193951cc8.jpg
でも、これだと抱くことはできないような。
ってその前にお前は相手を探せって言われそうですが(;^ω^)

なおこちらは展望台にもなっており
DSCF7571_2017091619395223b.jpg
筑波山の山頂や
DSCF7573_20170916194027802.jpg
霞ヶ浦市街を見ることができます。
DSCF7575_2017091619402968f.jpg
このあと朝日峠展望公園に向かったんですが、朝が早かったため駐車場が閉まっておりました。
そのためか、ここの駐車場で拠点に筑波を攻めいている人がいました。
ランエボ、エリーゼ、86、ロードスターetc

このあと表筑波スカイラインからフラワーパークへ向かおうと思ったんですが、現在その道は使われておらず通行できなくなっておりました。
そのため風返し峠まで戻り、そこからフラワーパーク方面へ向かうことに。
その時にアウディの前を走ってしまったんですが、なかなかパスさせる場所がなく、ようやく見つけた非常時駐車場でパスさせました。
で、そのすぐあとのコーナーを立ち上がると、もうアウディの姿は一切見えず。
私の車で同じ走りをしたら、地獄への片道切符ですね。
ええ、天国に行けるとは思ってませんとも(´▽`*)
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

すぅ・ぷ

Author:すぅ・ぷ
愛車「VOXY」で、デカ盛り店を巡りながらダイエットにチャレンジしています。

FC2カウンター
ユーザータグ

FC2ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる