FC2ブログ

ミュージアムパーク 茨城自然博物館 野外展示

茨城自然博物館、最後は野外展示を散策しました。
IMG_0923_20201115185611a06.jpg
こちらでは記念撮影ができるように台が用意されておりました。
IMG_0925_20201115185614fbd.jpg
このような遊歩道を散策すると
IMG_0928_20201115185615b10.jpg
こちらの水門の上は橋になっており渡ることができました。
IMG_0932_20201115185617ed8.jpg
ここは古代の竪穴式住居のあとが展示されております。
縄文時代って日本人はドングリうめーって言ってた頃ですね。
IMG_0934_20201115185618edf.jpg
この古代住居跡などは子供が喜びそうです。
IMG_0936_20201115185620ee3.jpg
こちらはじゃぶじゃぶ池のようでしたが、今年は武漢ウイルスの影響でなかったようです。
IMG_0939_20201115185621559.jpg
こちらには日時計がありました。
IMG_0941_2020111518562394a.jpg
ここは体験工房のようでしたが、特に何もやっていなかったのは武漢ウイルスの影響でしょうね。
IMG_0943_2020111518562414a.jpg
武漢ウイルスの影響と言えば、こちらの巨大トランポリンも休止になっておりました。
IMG_0946_20201115185626a47.jpg
でもこちらの塔には登ることができ
IMG_0947.jpg
このような景色を楽しむことができます。
IMG_0952_20201115185629b40.jpg
ただ体の固い私ではこの名kに入るのは無理そうでした。
IMG_0953_20201115185630509.jpg
こちらのウッドデッキからは
IMG_0955_20201115185632fc6.jpg
このような池の景色を楽しめます。
IMG_0956_20201115185633d70.jpg
こちらの広場では子供たちが走り回っておりました。
IMG_0957_2020111518563517b.jpg
ここはバッタの原ってことで沢山のバッタが跳ね回っております。
IMG_0959_20201115185636453.jpg
こちらの花壇は宮沢賢治の花壇でした。
IMG_0960_20201115185638b88.jpg
最後にこちらのミュージアムショップを覗いて
IMG_0962_2020111518563964d.jpg
茨城自然博物館を大満喫しました。

ここは楽しいですね。
展示点数が多いので、1日でも楽しめそうです。
スポンサーサイト



ミュージアムパーク 茨城自然博物館 企画展

茨城自然博物館では企画展で「いのち育むブナの森」が開催されておりました。
IMG_0881_20201115183013e74.jpg
こちらから中に入ると
IMG_0882_202011151830133c0.jpg
年数による
IMG_0883_20201115183015055.jpg
ブナの木の大きさが分かるようになっております。
IMG_0885_202011151830162fd.jpg
こちらではブナの森の植物相が展示されておりました。
IMG_0886.jpg
このきのこはツキヨダケ。
夜中に発光することで知られていますが、毒キノコなんですよね。
IMG_0888_20201115183019a28.jpg
こちらでは冬のブナ林の様子が。
IMG_0890_20201115183021b2d.jpg
ブナ林はツキノワグマと縁が深いらしいです。
ヒグマは無理ですが、ツキノワグマならワンチャンあるかも、いやないかな(o'ω'o)?
IMG_0891_20201115183022339.jpg
こちらでは世界中のブナが展示され
IMG_0892_20201115183023864.jpg
こちらの日本地図にはブナの葉が貼られておりました。
これで見ると一部地域を除く北海道と沖縄には生えていないようですね。
IMG_0893_2020111518302589f.jpg
こちらはブナの森に生息する生き物なんですが、モモンガとムササビってこんなに大きさが違うんですね。
IMG_0895_20201115183026ae7.jpg
ブナ林は動物だけでなく、人間にも山菜などの食料をあたえてくれています。
山菜美味しいですよね☆
IMG_0899_20201115183031760.jpg
なお次回の企画展は「化石研究所へようこそ」だそうです。
IMG_0901_2020111518303108e.jpg
みんな大好き化石がたくさん見られそうですね。

森のミュージアムパーク 茨城自然博物館 1F

茨城自然博物館では水族館のような水槽で生体展示されておりました。
イワナに
IMG_0788_20201115174228815.jpg
ヤマメ
IMG_0789_202011151742307b9.jpg

IMG_0790_202011151742316ee.jpg
鯉やソウギョ、ブラックバス。
鯉は外来魚だってことで、ここのカテゴリーに入っているんですね。
IMG_0794_202011151742322d7.jpg
アオウオなんかも展示されておりました。
IMG_0797.jpg
こちらの水槽は海水の水槽で
IMG_0808_20201115174235d9e.jpg
鯛やホウボウなど美味しそうな魚がたくさん展示されております(゚¬゚*)
IMG_0813_202011151742377db.jpg
こちらのアカハライモリ、新宿の某大学の屋上で繁殖し居ていますよね(´▽`*)
このイモリの黒焼き、惚れ薬らしく、この粉を好きな人に振りかけるんだとか。
ってそんなことしたら惚れられる前に嫌われるだろうし、最悪訴えられそうですが(;^ω^)
IMG_0815_20201115174238983.jpg
ゴブリンシャークことミツクリザメ。
IMG_0817_20201115174240668.jpg
ソコボウズに
IMG_0818_202011151742414c3.jpg
アブラボウズ、それからラブカ。
このチョイス、なかなかいいですねぇ~。
IMG_0824_20201115174243eb0.jpg
ダイオウイカはホルマリン漬けの標本が展示されていました。
IMG_0827_20201115174244332.jpg
って、交接椀をこんな風に説明しなくても(;´・ω・)
完全な晒しものじゃないですかぁ~。
IMG_0829_202011151742463fb.jpg
こちらはキハダマグロなど南方の魚。
IMG_0830_20201115174247d65.jpg
こちらは北方の魚の模型です。
って北方にはオットセイも混ざってますね。
IMG_0836_202011151742530dd.jpg
絶滅危惧種の生物や絶滅した生物の年表が展示され、その下ではホッキョクギツネとホッキョクグマ。
ホッキョクギツネのこのフワモコ加減よ。
こりゃ狩られますわ。
IMG_0852_202011151742533db.jpg
ドードーにジャイアントモア、アホウドリ。
IMG_0853_202011151742553b0.jpg
ここではダイオウイカと記念撮影もできます(´▽`*)
IMG_0859_202011151742560a1.jpg
ダイオウグソクムシはまだ聞いたことがありませんが、グソクムシは最近い一部マニアの方の中で食用にされているそうですね。
IMG_0861_20201115174258272.jpg
こちらでは茨城の自然と言うことで、茨城に生息する生物が展示されています。
IMG_0864_20201115174259878.jpg
ナウマンゾウの化石も展示されておりましたが、流石に2Fのマンモスと比べると小さく感じます。
それでも十分にでかいんですけどね。
IMG_0867_20201115174313079.jpg
茨城の海の生物に
IMG_0872_20201115174314c1e.jpg
鳥類や動物
IMG_0873_20201115174316b72.jpg
植物に
IMG_0874_20201115174317a61.jpg
山の生物などが展示されておりました。
IMG_0878_20201115174319311.jpg
この後は企画展に続きます。

ミュージアムパーク 茨城自然博物館 屋上展望台

茨城自然博物館の屋上にでると
IMG_0910_202011151709481d3.jpg
菅生沼の景色を楽しむことができます。
IMG_0911_20201115170949f94.jpg
武漢ウイルスの影響で望遠鏡は使用できませんでしたが
IMG_0912.jpg
このような景色を楽しむことができます。
IMG_0913_202011151709524fb.jpg
こちらからは茨城自然博物館の屋外展示の様子も楽しめます。
IMG_0916_20201115170953526.jpg
木々もいい感じに色づいてきておりました。
IMG_0917_202011151709553b1.jpg
この景色、これでも関東とは思えないですよね。
IMG_0918_20201115170956f1a.jpg
なんか地平線とか見えそう(´▽`*)

ミュージアムパーク 茨城自然博物館 2F

茨城に出かける時によくここの看板を見かけていなっておりました。
IMG_0704_20201115164004d18.jpg
ミュージアムパーク 茨城自然博物館です。

2Fの入り口から入ると、まずはこの大きなマンモスがお出迎えしてくれます。
この大きさ、迫力。
はじめ人間ギャートルズって石斧だけで立ち向かうって、すごい勇気あるなぁ(´▽`*)
IMG_0705_20201115164006f27.jpg
続いてはヌオエロサウルス。
エロサウルス(o'ω'o)?
大昔はこんなのが大地を闊歩していたとか、胸が躍ります。
IMG_0709_20201115164007aa1.jpg
こちらでは宇宙と地球の関係が展示されています。
IMG_0710_20201115164008997.jpg
隕石なども沢山展示されていました。
IMG_0711_20201115164010712.jpg
最初の展示室を出ると、古代魚の模型が。
こんなのが海にいたら、海水浴とかできないですね。
IMG_0714_202011151640111f6.jpg
こちらには鉱石標本が並んでいます。
IMG_0717_20201115164013355.jpg
水晶ってなぜか心惹かれるんですよね。
IMG_0720_20201115164014a92.jpg
こちらでは年代ごとの代表的な化石が並んでおり、三葉虫に
IMG_0724_20201115164016d29.jpg
古代魚
IMG_0728_20201115164017448.jpg
両生類に
IMG_0732_2020111516401963b.jpg
いよいよ恐竜の時代へ。
IMG_0735_20201115164020f20.jpg
魚竜に
IMG_0736_20201115164022ac4.jpg
ランペオサウルスなどの化石に
IMG_0739_202011151640231cb.jpg
こちらではトリケラトプスとティラノサウルスの戦いの模様が動く模型で展示されています。
ってティラノサウルスの幼体っていつから羽毛が生えたんでしたっけ(o'ω'o)?
IMG_0740_20201115164025a86.jpg
ティラノサウルスは模型だけでなく化石も展示されておりました。
IMG_0743_20201115164026b33.jpg
トリケラトプスも頭骨の一部が展示されています。
IMG_0756_2020111516402854d.jpg
こちらは古代ゾウの化石に
IMG_0757_2020111516402928c.jpg
メガロドンの顎の化石。
これ、東京湾の深海とかで生きて居てくれないですかね(o'ω'o)?
IMG_0758_20201115164031c3e.jpg
サーベルタイガーの牙はすごいですよね。
一節には折れやすかったとかってありますが。
IMG_0761_20201115164032cb9.jpg
ディノニクスとディノスクスの名前が似てるってだけで同じように展示するこの力業よ(ノ∀`)
IMG_0765_20201115164149c3c.jpg
今度の模型はジョーズことホオジロザメ。
IMG_0767_202011151641503ec.jpg
こちらはメガネウラ。
これはメガネ・ウラではなくメガ・ネウラなんですよね。
眼鏡フェチの私にとってはゲフンゲフン。
IMG_0769_202011151641526ed.jpg
イルカクジラの骨格標本にマンボウさんの模型。
マンボウは正面から見るとなかなかお間抜な顔ですね。
ちなみにセクシーパロディウスのマンボは猫戦艦に尻尾をかじられたのでウがなくなってマンボだとのことです。
IMG_0770_20201115164154480.jpg
こちらには狐、鼬、狸の標本。
IMG_0782_20201115164419f1a.jpg
鯨の骨格標本も迫力ありますが、リュウグウノツカイも結構な迫力です。
IMG_0771_202011151722582a4.jpg
皇帝ペンギン、オオヤマネコ、オオカミ。
IMG_0773_20201115172210433.jpg
こちらには様々な生物の標本が展示されております。
IMG_0774.jpg
こちらは生きた化石、シーラカンス。
KingFossileはダライアスでの名前で学名ではありません。
昔、少年ジャンプの企画で鳥山明先生が食べさせられていたような(;^ω^)
IMG_0777_20201115172213edb.jpg
こちらは最大のシーラカンスの頭骨らしいんですが、昔はこんなのが淡水に生息していたんですね。
IMG_0778_20201115172215768.jpg
これで2Fは終わりです。
次の記事は1Fの展示の前に屋上からの景色になります。
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

すぅ・ぷ

Author:すぅ・ぷ
愛車がシエンタに変わりました。
デカ盛り店・食べ放題店を巡りながらダイエットにチャレンジしています。
ダイエットは最近さぼり気味(;^ω^)

ユーザータグ

FC2ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる