第51回スーパーボウル

※2016-2017シーズン、スーパーボウルの結果を知りたくない方はこの先を読まないでください。

2月の第一日曜日(日本では月曜日)
世界で行われるスポーツの中で、最も視聴者数の多いスポーツ、スーパーボウルが開催されました。

今回は圧倒的なオフェンスでNFCを勝ち上がった、シーズンMVPのQBライアン率いるファルコンズと、絶対的エースQBブレイディが4試合欠場ながらも、最高勝率でシーズンを勝ち上がったペイトリオッツの戦いです。

第一Qはオフェンスチーム同士の戦いで点の取り合いかと思いましたが、お互いQBにサックを与えるなど守備が健闘し、まさかの0対0で終わります。
第二Qに入り、ペイトリオッツが長いパスを決めFG圏内に入るもその次の攻撃でファンブルロスト。
このファンブルで得た攻撃で、ファルコンズはWRジョーンズに長いパスを2つ決め、さらにランも出てそのままRBフリーマンがTD。
ポイントアフタータッチダウンも決まりファルコンズが7点を先制します。
続いての得点もファルコンズ。
QBライアンからTEクーパーへTDパス。
14対0となります。
ペイトリオッツはブレイディの調子が今一つなんですが、相手の反則もありFG圏内まで進みます。
が、ここでファルコンズのCBアルフォードがインターセプト。
そしてそのままTD。
これで21対0。
前半最後、ペイトリオッツが意地を見せるもFGの3点どまり。
前半は21対3でファルコンズが大量リード。
戦前の予想を覆す、ファルコンズの素晴らしい試合運び。

レディーガガのハーフタイムショーを挟み後半戦。
今回も先に得点したのはファルコンズ。
RBコールマンへのTDが通り、ファルコンズは4つ目のTD。
これで28対3と25点差。
この後、ペイトリオッツも次の攻撃でようやく反撃。
RBホワイトへのTDパスが決まります。
ただこの後のポイントアフタータッチダウンのFGを外してしまい、28対9。
いよいよ運命の第4Q、ペイトリオッツの攻撃はエンドゾーン付近まで攻め込むもファルコンズのDTじゃレットの2連続サックもありFGに終わります。
この次のファルコンズの攻撃でファンブルロスト。
ターンノーバーでペイトリオッツの攻撃に代わります。
この攻撃をアメンドラへのTDパスが決まり、さらにスペシャルプレーで2ポイントコンバージョンも決まり8点追加。
これで28対20。
ワンポゼッション差まで追い上げます。
ファルコンズの攻撃はWRジョーンズの素晴らしいパスキャッチもあり、FG圏内へ進みますが、守備のサックと反則でパントに追い込みます。
残り3:30でペイトリオッツの攻撃。
エデルマンの伝説になりそうなスーパーキャッチもあり、RBホワイトのTDランが決まります。
2ポイントコンバージョンも決まり、ついに28対28の同点
そして決着はスーパーボウル初のOTへ。
OT最初の攻撃はペイトリオッツ。
テンポよくパスを決め、最後はRBホワイトのランでTD。
25点差をひっくり返してのペイトリオッツの勝利。
ファルコンズ悲願のスーパーボウル初制覇の夢を砕き、ペイトリオッツが5回目のスーパーボウル制覇を果たしました。

前半はAFCのチャンピオンシップを思わせるファルコンズの猛攻。
そして後半の最初までは完全にファルコンズペースでしたが、最後の第4Qでペイトリオッツが19得点。
本当に神がかっておりました。

これで今年のNFLもシーズン終了。
来年9月まで楽しみが一つ減ります。

それにしてもHCベリチックとQBブレイディで5回目のスーパーボウル制覇。
しかもブレイディは4回目のスーパーボウル4回目のMVP。
スター選手の放出、エースクラスの欠場があってもこの強さ。
ペイトリオッツの黄金時代はいつまで続きますかね。
スポンサーサイト

【悲報】パッカーズスーパーボウル出場ならず カンファレンス・チャンピオンシップ

NFLもいよいよ大詰め。
各カンファレンスのチャンピオンを決するカンファレンス・チャンピオンシップが行われました。

この試合は月曜日行われたんですが、あまりのショックになかなか結果を書けませんでした。
時間が経ち、ようやく自分の中で事実を受け入れることができたので、結果を書きます。

タイトルにもあるように、今年パッカーズはカンファレンス・チャンピオンシップでファルコンズに敗れスーパーボウル出場を逃しました。
試合はファルコンズの攻撃が爆発し、44対21。
パッカーズは最初の攻撃ドライブでのFG失敗と、2回目の攻撃シリーズで、エンドゾーン近くまで攻め込みながらのファンブルロスト。
これが痛かったですね。
この両方が得点できていれば、その後の展開はかなり違っていたようにも思えます。

いや、ファルコンズが強かったんですね。
マット・ライアン率いる攻撃陣の強さは圧倒的でした。

これでファルコンズは19年ぶりのスーパーボウル出場で、初のスーパーボウル制覇に挑みます。

もうひと試合のペイトリオッツ対スティーラーズは36対17とこちらもペイトリオッツが圧勝。
試合を見ていると、点差以上にペイトリオッツが圧倒している様に感じました。
途中、エースRBのベルがけがで退いたのも痛かったですね。

ペイトリオッツは9回目のスーパーボウル出場5回目の制覇に挑みます。

ペイトリオッツのQBトム・ブレイディは自身の記録をどこまで伸ばすかも興味があります。

ちなみに私の好きなパッカーズのアーロン・ロジャースとトム・ブレイディはどちらもドラフトの下位の選手で、マニングやキャム・ニュートン、アンドリュー・ラックのようにドラフトの全体1位指名とかではなかったんですが、エースQBの故障で出場し、成績を残してNFLを代表するようなQBとなりました。

今週、NFLのオールスター、プロボウルを挟んで、いよいよ来週はファイナル、スーパーボウルです。
お互い超強力な攻撃陣同士の戦い。
今年はどのようなドラマが生まれるか、本当に楽しみです。

続きを読む

ディビジョナル・プレイオフ

NFLディビジョナル・プレイオフ。

毎年この戦いが一番楽しめるんですよね。
レギュラーシーズンでシードを勝ち取ったチームと、ワイルドカードプレイオフを勝ち抜いたチーム。
しかもテレビ中継が4試合(´▽`*)

今年は各地区の優勝チーム、8チームの戦いとなりました。

まずはAFC第一シードのペオトリオッツ対第四シードテキサンズ。
ペイトリオッツがQBブレイディのTDパスが決まり7点先制。
その後テキサンズにFGで3点を返された後、ペイトリオッツはキックオフリターンTDで引き離します。
が、テキサンズもFGとTDを決め、前半は14対13の1点差。
前半はこの後ペイトリオッツがFGを決め4点差で折り返します。
しかし後半はペイトリオッツが2TDと1FGと圧倒的強さを見せます。
テキサンズはQBオズワイラーがインターセプトをゆるし、FGの3点のみ。
結局34対16でペイトリオッツが勝利しました。
テキサンズも自慢の守備力でシーズン2つしかインターセプトを許していないブレイディから、この試合だけで2インターセプトを奪う活躍もあったんですがね。
これでペイトリオッツは6年連続のチャンピオンシップ出場となりました。
また、今年もスーパーボウル開催地のチームは、スーパーボウルに進めないと言うジンクスも残りました。

AFCもうひと試合はチーフス対スティーラーズ。
チーフスがTDで先制するもスティーラーズがFGを3本決め逆転。
その後スティーラーズがFGをもう一本決め、前半を7対12で折り返します。
後半に入り、10対18で迎えた最終クォーター。
チーフスがTDを決め、さらにツーポイントコンバージョンを狙います。
一度は成功したかに見えましたが、ホールディングの反則でやり直し。
これを決めきれず、16対18でスティーラーズが勝利しました。
スティーラーズは結局TD0での勝利です。
この展開、どちらかと言うとチーフスのQBスミスのほうがありそうな展開なんですけどね。
49ERS時代から、ミスは少ないけど決めきれないQBだった印象があるので。

NFCは第二シードのファルコンズと第三シードのシーホークスの戦い。
シーホークスがTDで7点先制。
レギュラーシーズン平均得点一位ののファルコンズがすぐにTDを取り返します。
そのあとシーホークスがFGで突き放しますが、次のシーホークスの攻撃でまさかのセーフティーで2点を奪います。
この後もファルコンズは自慢の攻撃陣で攻め込み、前半を19対10で折り返します。
後半に入ってもファルコンズの勢いは衰えず、36対13とファルコンズが大きくリード。
その後シーホークスも移籍してきたばかりの最強のリターナー、へスターの78Ydのリターンもありわずか19秒でTDを返しますが反撃もここまで。
36対20でファルコンズが勝利しました。

最後は私の応援するパッカーズが第一シード、レギュラーシーズンを2人の新人QBプレスコットとRBエリオットの活躍で勝ち上がってきたカウボーイズのホームに乗り込みます。
パッカーズはレギュラーシーズンから8連勝中ですが、メインレシーバーWRネルソンが先週の試合で骨折。
一抹の不安もあります。
試合はカウボーイズがFDで3点先制するもパッカーズが3つのTDを奪い21対3とします。
これはパッカーズ楽勝かとも思ったんですが、その後カウボーイズもTDとFGで10点追加し、前半を21対13で折り返します。
後半に入り、またもパッカーズがTDをとり、28対13。
これで決まったかとも思ったんですが、カウボーイズが2連続のTDとツーポイントコンバージョンで28対28の同点。
しかもこの試合で、ロジャースが9試合ぶりのインターセプトを許してしまいます。
そして物語は終盤にものすごい結末を用意しておりました。
試合残り1:33でパッカーズが50Yd以上のFGを決め、これで勝負ありかと思ったんですが、カウボーイズも次の攻撃でこれも50Yd以上のFGを返します。
そして残り35秒からのパッカーズの攻撃。
QBロジャースがサックを受け、3rdダウン20に追い込まれ、これはOTかと思った次の攻撃でロジャースがロングパス。
これをTEクックが素晴らしいレシーブで一気にFG圏内へ。
最後は51ydのFGをクロスビーがしっかりと決め、パッカーズが34対31で勝利しました。
一回目の成功がカウボーイズのタイムアウトで帳消しになり、2回目のキックは左にそれましたが、ちゃんとポールの内側を通りました。

ちなみにこの試合、全米での視聴率が28.2%もあったそうです。

これでチャンピオンシップの組み合わせはAFCがペイトリオッツ対スティーラーズ。
NFCはファルコンズ対パッカーズ。

今年は攻撃型のチームが勝ち残りました。
さあ、今年スーパーボウルに進むのはどのチームなのか。
NFLもいよいよ大詰め。
チャンピオンシップも楽しみです。

ワイルドカードプレイオフ

2016-2017
NFLプレーオフが始まりました。

まずは両カンファレンスのシード順位3位と4位のチームが、各地区優勝チーム以外の上位2チームとワイルドカードプレイオフを行います。

今年の組み合わせはAFCはテキサンズ対レイダース。
名門レイダースは今年久しぶりのプレイオフ進出だったんですが、レギュラーシーズン終盤に、今年のレイダース躍進の原動力、QBカーがけがをしてしまい出場ができなくなりました。
そのため攻撃が機能せず、テキサンズの協力ディフェンスの前に敗れました。
勝ったテキサンズは、次戦カンファレンス首位、ブレイディ率いる強力なオフェンスのペイトリオッツとの戦いになります。

AFCもうひと試合は、こちらも久しぶりのプレーオフ出場となったドルフィンズが敵地に乗り込みスティーラーズとの対戦となります。
ドルフィンズもエースQBタネヒルがけがで戦線を離脱。
スティーラーズの強力ディフェンスの前に1TDに抑えられます。
スティーラーズはFSポラマルがいた頃のようなスティーラーズカーテンと呼ばれたディフェンスを思い起こされるものがありました。
が、それ以上に「ビッグベン」QBロスリスバーガー率いる攻撃陣が強力で、珍しくエースQB、エースRB、エースWRが揃って出場で来ているスティーラーズ、次戦のチーフス戦も楽しみです。
プロボウルにも選ばれている「NFL一ダーティーな男」DTスーの活躍にも期待したんですが、ドルフィンズに行ってからあんまり目立たなくなりましたね。

NFCはシーホークスとライオンズが対戦。
右手中指をけがしているライオンズのQBスタフォードがシーホークスの強力なディフェンスに圧倒され、1TDも取れず。
逆にシーホークスは要所要所で確実に得点を挙げていきます。
QBウィルソンは、さすが5年連続でプレイオフに進出し、スーパーボウルも制しただけありますね。
あと、やはりTEグラハムは強力な武器になります。
何故セインツは手放したんだろう(o'ω'o)?

NFCもうひと試合は私の応援するパッカーズがジャイアンツをホームのランボーフィールドに迎えて行われました。
序盤パッカーズはQBロジャースの調子が今一つでなかなか攻撃がつながりません。
今年前半のチームが低迷していた時を思い出すような低調ぶりです。
対するジャイアンツもWRベッカムのドロップなどでなかなかTDを奪えず、ロースコアで進みます。
第2クォーターに入り、ようやくパッカーズの攻撃に少しリズムが出てきて、TDで逆転。
しかも、前半最後にはロジャースがまたもヘイルメイリーパスを決め、14対6とリード。
後半に入り、ジャイアンツがここでTDを決め、1点差に追い上げられます。
が、ロジャースの調子も上がり、ここからはパッカーズの一方的な展開。
LBマシューズのファンブルフォースなどもあり、38対13でパッカーズが勝利。
次戦パッカーズは敵地に乗り込んで、今年絶好調のカウボーイズとの対戦です。

いよいよ盛り上がってきたNFL、来週のディビジョナルプレーオフも楽しみです。

パッカーズガンバァ━━(`・д・´)ノ━━!!

【祝】パッカーズ NFC北地区優勝

NFL、最終週が終わり、レギュラーシーズンが幕を閉じました。
私の応援するパッカーズは、今年開幕戦こそ勝利しましたが、続く2戦目で同地区のライバルバイキングスに敗れました。
その後4勝2敗で迎えた8週目からまさかの4連敗。
失点が32点、31点、47点、42点とこの時は守備が崩壊し4勝6敗。
正直今年は優勝どころか、プレイオフ進出も難しいのではと思ってました。
が、12週目の適地イーグルス戦を27-13で勝利すると、そのまま6連勝。
QBアーロン・ロジャースの調子もあがってきました。
最後は同地区の優勝を争ったライオンズに31-24で勝利し、NFC北地区優勝。
この試合が今年のレギュラーシーズン最終戦って言うのもなんか感慨深いです。

今年は前半にバイキングスが突っ走り、開幕から連勝を続けていたため、4連敗したときはプレイオフ進出すらも危ぶまれましたが、そのバイキングスが中盤失速し、代わりに出てきたのがライオンズ。
そのライオンズも終盤3連敗し、パッカーズが見事優勝となりました。
去年は最終戦で敗れ、地区優勝を逃していただけに、今年の優勝は嬉しかったです。

パッカーズ対ライオンズの試合前に、レッドスキンズがジャイアンツに敗れたため、パッカーズ、ライオンズともにプレイオフの進出は決まってい
ましたが、プレイオフ初戦、優勝の場合はホームでジャイアンツと、優勝を逃した場合は敵地でシーホークス戦となります。
シーホークスのホーム、クウェスト・フィールドはクラウドノイズが一番ひどいスタジアムなだけに、今回優勝できたのは非常に大きいですね。

第5週にはジャイアンツにホームで23対16で勝利しているので、ワイルドカードプレイオフも勝利して、そのままスーパーボウル制覇まで行ってもらいたいものです。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

すぅ・ぷ

Author:すぅ・ぷ
愛車「VOXY」で、デカ盛り店を巡りながらダイエットにチャレンジしています。

FC2カウンター
ユーザータグ

FC2ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる