FC2ブログ

平将門史跡巡り

國応神社で史跡巡りマップをいただけたので、周辺の史跡巡りに行ってきました。
まずはこちら
IMG_2923_20210207081343ac4.jpg
平将門の拠点として、宿舎や食料庫などが、設置されていた跡地島広山です。
IMG_2924_2021020708134414e.jpg
ここに将門公が陣を張っていたんですね。
IMG_2925_202102070813458e3.jpg
説明の碑文が建っております。
IMG_2927_202102070813492a0.jpg
続いてはこちらの石井の井戸。
IMG_2943_20210207081350352.jpg
石碑が建ち
IMG_2944_202102070813511a1.jpg
ここが井戸のあった場所のようです。
IMG_2945_202102070813539df.jpg
『将門が王城地を求めてこの地を見回っているうちに喉が渇いて水が欲しくなった。その時、どこからか老翁が現われ、大きな石の傍らに立っていた。翁はその大石を軽々と持ち上げて大地に投げつけると、そこから清らかな水が湧き出し、将門と従兵たちは喉を潤すことができた。
将門は不思議に思い、翁を召して「あなたはどのようなおかたなのでしょうか」と尋ねると、翁はかしこまって一首の歌を詠んだ。

久方の光の末の景うつる
岩井を守る翁なりけり

と唱じると姿を消してしまった。
将門はこの翁を祀るとともに、この大地に城郭を造ることに決めたのである。』とあります。
IMG_2946_202102070813541fd.jpg
続いては九重の桜。
IMG_2956_202102070813563f1.jpg
史跡には、碑とその伝承由来を誌した副碑が建っており、碑文によると九重の桜は、京都御所の紫宸殿前にある桜を根分けして移植したものと伝えられています。九重というのは皇居、または王宮を表す言葉といい、中国の王城の門を幾重にも造ったことから生まれたと記されています。
IMG_2959_20210207081359d49.jpg
なお現在植えられているのは普賢像という代表的な八重桜とのことです。
IMG_2958.jpg
将門公は逆賊ともされておりますが、この地を豊かにするため先進的な技術を用い、農具の開発や放牧などを行いました。
しかし進歩性のため一族との争いを生んでしまったそうです。
将門公の英雄性は戦に強かっただけではなかったので、今も英雄として讃えられているのでしょうね。
スポンサーサイト



カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

すぅ・ぷ

Author:すぅ・ぷ
愛車がシエンタに変わりました。
デカ盛り店・食べ放題店を巡りながらダイエットにチャレンジしています。
ダイエットは最近さぼり気味(;^ω^)

ユーザータグ

FC2ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる