銭塚地蔵堂&かんかん地蔵

浅草の地に意外なパワースポットがあるとのことで行ってきました。
それがこちら
DSCF4788_20160730185514e7d.jpg
銭塚地蔵堂です。
浅草寺のHPに説明がありましたので引用します。

昭和39年(1964)再建の堂内に、四角い石塔の上に石の六地蔵尊をまつる。
  享保年間(1716~35)摂津国有馬郡の山口某の妻が、庭先で「寛永通宝」がいっぱい入った壺を掘り当てたが、これに頼って働かずにいては家が滅びると思い、土中に埋め戻した。この心掛けによって一家は繁栄したので、その壺の上に地蔵尊をまつったという。銭塚地蔵尊は、そのご分身を勧請(かんじょう)したもので、商売繁昌を祈願する人が多い。石塔の下には「寛永通宝」が埋められているといわれる。これが「銭塚」の名の由来である。毎月「4の日」に法要が営まれ、特に正・5・9月の24日は「正五九」の大法要がある。
  参拝者は塩とお線香、お灯明のローソクを分けてもらってお供えする。特に塩をあげることから「塩なめ地蔵」の名がある。塩でお地蔵さまの御身を清めるのだという。


DSCF4793_20160730185516e42.jpg
お金に困らないよう、金運のアップを願ってお参り。
DSCF4790_20160730185515bd3.jpg
続いてかんかん地蔵にお参り。
この石碑、以前は大日如来の姿であったが、色々とあり現在はこのようなお姿になったそうです。
DSCF4795_201607301855196be.jpg
この削った石を財布に入れて持ち歩くと金運アップになるとの謂れがあり、削る人がいたようです。
置かれてる石で叩く分にはかまわないそうですが、削ったりはしないでくださいとのことです。
スポンサーサイト

コメント

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

すぅ・ぷ

Author:すぅ・ぷ
愛車「VOXY」で、デカ盛り店を巡りながらダイエットにチャレンジしています。

ユーザータグ

FC2ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる