FC2ブログ

NFLカンファレンスチャンピオンシップ NFC

NFCカンファレンスチャンピオンシップはパッカーズ対バッカニアーズ。
最初の攻撃はバッカニアーズ。
このオープニングドライブTDでバッカニアーズが7点先制。
その後のパッカーズの攻撃はパントで終了。
その次のバッカニアーズの攻撃もパントになり次のパッカーズの攻撃でTDをとり同点に追いつきます。
しかしバッカニアーズはすぐさまホーネットの個人技でTDを決め突き放します。
パッカーズもエンドゾーン付近まで攻め込みますがここはFGで3点。
この後パッカーズの攻撃は2ミニッツを切って残り時間も無くなってきたところでなんとインターセプト。
ここで得た攻撃権でバッカニアーズは残り1秒でTDを決め、前半を10対21で終えます。

後半最初の攻撃はパッカーズ。
が、ここでもパスを受けた直後にファンブルでターンノーバー。
これを簡単にTDを決め10対28とさらに点差を広げます。
しかしパッカーズも意地を見せ次の攻撃はTDをとり17対28とします。
更に次のバッカニアーズの攻撃でインターセプト。
この攻撃でパッカーズがTDを決めます。
しかしこの後ツーポイントコンバージョンを失敗し23対28となります。
この後バッカニアーズの攻撃でレッドゾーン付近まで攻め込みますが、ここでパッカーズがまたインターセプト。
しかしこの攻撃では得点を挙げることができず得点そのまま。
バッカニアーズの攻撃はなんとここでもパッカーズがインターセプト。
しかしここでもパッカーズは得点できず。
バッカニアーズはFGで3点を追加し23対31となります。
パッカーズもFGで3点を返し31対26。
残り2分5秒。

結局このままバッカニアーズが勝利。
バッカニアーズは史上初の開催地チームでのスーパーボウル出場となります。

パッカーズは前半の終わりと後半最初のターンノーバーが響きました。
更に後半2つのインターセプトを得点できなかったのも痛かったです。
それよりもディビジョナルプレーオフでは完全に相手DFを封じたパッカーズのオフェンスラインが破られ、何度もロジャースがサックを喰らったのが大きいと思います。
パッカーズは昨年に続き今年もカンファレンスチャンピオンシップで敗れました。

バッカニアーズのQBブレイディは自身10回目のスーパーボウル出場となります。
相手はチーフスとビルズの勝者との戦いとなります。
スポンサーサイト



コメント

Secret

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

すぅ・ぷ

Author:すぅ・ぷ
愛車がシエンタに変わりました。
デカ盛り店・食べ放題店を巡りながらダイエットにチャレンジしています。
ダイエットは最近さぼり気味(;^ω^)

ユーザータグ

FC2ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる